まつ毛貧毛症とは?

まつ毛貧毛症って何?私も初めて聞きました。

体の病気は様々な種類があります。

 

「毛」という部分に対する病気でまっさきに思い浮かぶ箇所は頭皮のイメージがありますがどうでしょうか?

 

薄毛やAGA,円形脱毛症など毛の量が少なくなる病気が多いです。

 

では他の箇所は・・・?体毛の病気?あまり聞いたことがありませんね。

 

実はまつ毛にも「毛」の量が圧倒的に少ない、短いといったことが起きるのです。

まつ毛貧毛症って知ってる?

 

みなさんはこの病気を知っていましたか?

 

私は初めて知りました。
むしろまつ毛にこんな病気があるなんて思ってもみませんでした。

 

恐らくみなさんも同じだと思います。
だからこそ共有できるものであると思い、この記事を書いている次第です。

 

まつ毛貧毛症とは・・・言葉の通り、まつ毛の量が不足していることです。他にも
極端に短い、まつ毛が細いといった症状が上げられます。

 

まつ毛貧毛症の原因・・・

 

↓この中にあてはまる人は要注意!

・ビューラーをよく使っている。
・さらにホットビューラーを使っている。
・同じビューラーをずっと使っている
・ビューラーで根元からぐっとあげている。
・まつ毛エクステをよくする。
・マスカラを塗りたくる。
・つけまつげをよくつけている。
・クレンジングで目元を強くこする。

 

1.2つ程度あてはまる分には問題がないですが、あてまはる項目が多いほどあなたはそれだけまつ毛にダメージを与えています。

 

他にも
・年齢からくるまつ毛の減少や長さ、太さの減少。
・皮膚疾患によってまつ毛が抜け落ちる。
・薬の副作用(抗がん物質などの「毛」が抜け落ちる薬)

 

などがあります。

 

抗がん物質などの副作用からくるまつ毛貧毛症はしょうがない部分がありますがそれ以外は実は改善可能です。

 

まつ毛貧毛症を改善するには?

 

一番はやはり医師に相談するということです。

 

そして医師とよく相談し合ってまつ毛貧毛症の原因を突き止めることが第一となります。

 

一般的な改善策としては生活習慣の見直しや毎日のまつ毛のケアが主だと思います。

 

それでも治らない場合は実は薬による治療ができるのです。

 

これはまつ毛に「毛包」という発毛可能なものが存在している場合に限りますが、毛包は基本的に誰にでもありますから改善できる可能性は非常に高いです。

 

毛包がなくなっている。という場合もありますのでその場合は「植毛」をすることでまつ毛の量を増やすことが出来ます。

 

まつ毛にもこれだけ多くの改善策があるのです。

 

普段からまつ毛が短くて悩んでいるあなた。
実はまつ毛貧毛症が原因でまつ毛の量が少ないだけかもしれません。

 

もしかしたら改善できるかもしれないのです。

 

コンプレックスに感じる前に一度、医師などに相談してみてはいかがでしょうか?